疼痛管理薬治験のサポートは、
サイネオス・ヘルスにお任せください。

サイネオス・ヘルスには、疼痛管理薬治験のサポートに備えて柔軟かつ機敏に対応する専門チームがあります。その機敏性をもって、お客様の組織の大小にかかわらず、ご要望に合わせてサービス規模を調整します。 

  • 1000

    Dedicated Team Members

  • 過去5年間で 100+

    Pain Trials in Past 5 Yearsi

サイネオス・ヘルスは、治療領域別ビジネスユニット体制の下、お客様ニーズの細目にまで適うテーラーメイドのサポートサービスをお届けします。CNS 鎮痛チームは、最高幹部からCRAに至るまで、メンバー全員が最先端の鎮痛薬治験の専門家で構成されており、お客様が直面する市場の課題に対処することが可能です。

 

鎮痛薬の最新動向を把握している弊社には、疼痛管理薬分野での新しい化合物や作用機序の解明をサポートする備えが整っています。弊社のシニアは、スタッフへの日々のアドバイスや監督を通して、臨床開発プログラムの全期間で関与します。

 

弊社はCNS領域の治験を遂行する他、慢性痛の研究プログラムに関するアドバイスをすることもできます。また、登録データ、開発や疼痛管理用医薬品市場への早期参入の方法のオーバーサイトも行います。

 

疼痛管理薬の臨床研究分野で、オピオイドは、長い間、中等度から重度の疼痛治療薬として首位に君臨しています。しかし、残念ながら、乱用や誤用の可能性がいなめません。弊社は、乱用抑止性の化合物の承認に関する規制要件を理解しており、また、乱用傾向試験に関する実績もあります。弊社は、CNSの臨床研究プロセス全体での一貫性を保ち、この領域で大いに必要とされる連続性を提供することができます。

 

iこの数字は、本治療領域で完了又は完了予定の過去5年間の試験からの推定値です。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software