クリニカル・サーベイランス・チームは
治験をスケジュール通りに進めます

CNS クリニカル・サーベイランス・チーム(CST)の使命は、被験者適格とデータ品質に対する特別な注意を喚起することです。患者さんや有効性に関する複雑なデータは、経験豊富な医師や精神測定の専門家以外が完全に理解できるものではありません。サイネオス・ヘルスでは、重要な安全性/有効性評価を、臨床科学者とメディカル・ダイレクターがほぼリアルタイムで慎重に監視し、お客様の試験にネガティブな影響を与える問題を排除します。

 

  • 30を超えるCNS 適応症
  • 50人の専任臨床科学者およびプロジェクト管理者
  • 全世界で30人のメディカル・ダイレクター
  • 1,900を超える実施医療機関
  • 47ヵ国

 

適格被験者の選択は、臨床試験で最も重要な要素の1つです。サイネオス・ヘルスでは、適格基準を満たさない患者さんが誤ってランダム化されることがないように、スクリーニング期間中に適格性レビューを行います。また、スクリーニング期間が短期のためにランダム化前レビューをできない場合は、ランダム化後に同じ手順でレビューを行い、コンプライアンス遵守やスポンサーの意図に関するフィードバックを、実施医療機関に対して継続的に提供します。

 

CSTチームは、評価者トレーニングを実施する全ての業者と密接に協働して、全試験期間を通してトレーニング指示を行います。弊社は、データ信頼性リスクに対処するために、以下のような複数のサービスを、策に応じて展開します;Therapeutic Logic Checks、Neuropsychiatric Scale Reviews、 Site Subject Review Calls、その他のカスタマイズ・ソリューション。このように、Fit-for-purpose(目的に適う)監視ソリューションを策定して、30を超えるCNS適応症で治験のリスクに取り組んだ実績があります。

 

世界中で50人の専任臨床科学者およびプロジェクト管理担当者、30人のメディカル・ダイレクターがCSTチームに在籍し(現在も増加中)、47カ国、1,900施設を超える実施医療機関でサービスを提供しています。患者さんとデータに対するレビューを、ほぼリアルタイムで実施するため、実施医療機関へ迅速にフィードバックすることが可能です。また、プロジェクト管理の専任チームは、オペレーション上の新たな課題、実施医療機関のニーズ、治験実施計画書の改訂や治験依頼者のリクエストに、迅速かつ確実に対応します。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software