精密医療の課題

現在の治験は、かつてひとつの疾患と考えられていた腫瘍内不均一性に対して複数の薬剤とオーダーメイド治療を含んだデザインとなっています。当社の標的治療チームは、バイオマーカー治療、バイオ後続品、抗体薬物複合体、その他の低分子医薬品など、新しい治療法に専念しています。

 

このような新しい治療パラダイムでは、対象疾患ごとに、治療法に関する深い理解と、優れた経験が求められます。

当社の臨床チームは、固形腫瘍を対象とした精密医療に関する新しい手法をサポートし、治験の全相にわたり併用免疫療法や複合的治験計画など最先端治療法に取り組んでいます。

 

各患者様の症状に合わせて薬を提供するテイラーメイド医療(MoA)

治験フェーズ別の主要な作用機序

治験全体の主要な作用機序

 

適時適所に患者様と繋がる

治療法が発展し、規制内容も変化する中で、治験参加者を募集し維持するためには、専門家のアプローチが必要になります。とりわけ、精密医療の分野でこの傾向は顕著にみられ、実施医療機関を通じて患者様に関与するスキルは、医療や運営の専門知識と同じくらい重要です。

当社は、治療領域別の組織体制をとっているため、各領域に集中することができ、熱意が高く、また各領域の高い専門知識を携えて、KOLや治験責任医師、および治験実施施設と深い関係を構築しています。当社は、専門のメディカル・サイト・リエゾン(MSL)を現場に配置する唯一のCROです。

当社は治験の最初から、適切な実地医療機関、適切な患者様にアプローチでき、複雑な試験であっても、お客様の募集目標を早く達成できるように支援します。

がん患者の闘病を支えたい、がん臨床研究の厳しい現実に挑戦したい、モチベーションはそれぞれだが、サイネオス・ヘルスのオンコロジー・メンバーは、「がんを治す」ために情熱を傾けて、一丸となって働いています。 

弊社の実績をご覧ください:

患者様との緊密な関係

+

ビッグデータ 

選定施設を増やし、治験計画に適合した匿名化された患者集団情報へのアクセスを増やす

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software