未来を見据える

サイネオス・ヘルスでは、従業員たちは未来に希望を抱いていますが、それはオンコロジーの新薬開発の新しいアプローチを適用するだけでなく、細胞療法と遺伝子療法の臨床試験と、医師/連携グループ主導型治験などの革新的な治験デザインを適用しているためです。

比類のない深さを誇る専門知識を発揮するため、弊社の新規および新興治療グループは、以下の3分野にさらに特化しています。

 

 

弊社のスペシャリストで構成される血液学オンコロジーチームは、最も有望な新規および新興の治療法のいくつかの開発に取り組んできました。その適応症は、非ホジキンリンパ腫や慢性リンパ性白血病から、急性骨髄性白血病や多発性骨髄腫に至るまで幅広く、早期臨床試験から販売承認までをカバーします。

 

たとえば、血液学オンコロジーでは...

弊社は、フルサービスの臨床開発サポートを白血病リンパ腫協会の「Beat AML」マスター試験に提供していることを誇りに思っています。この試験は、草分け的な標的治療アンブレラ試験であり、急性骨髄性白血病の革新的な治療法の開発を促進することを意図しています。

 

 

細胞および遺伝子治療では...

弊社は、これらの臨床試験に治験責任医師、医療機関スタッフ、そして患者様にも等しく不慣れな治療の側面が関係することがよくあること、非常に複雑な物流上の検討課題が関係していること、およびこれらの臨床試験が急速に発展しつつある規制情勢で実施されていることを理解しています。

センターでの細胞および遺伝子治療

これらの試験を経験する患者様の道のりも、独自の課題を抱えています。1回の治療と長年にわたる長期フォローアップが必要になりますが、この同じ期間中に患者様の生活が変化し、患者保持にとって大きな課題が生じることがよくあるのです。

がん患者様の個人的な道のりにより動機付けられていようと、あるいはがんの臨床研究の課題と厳しさにより動機付けられていようと、サイネオス・ヘルスでは治療のために協力することに情熱を注いでいます。 

弊社の実績をご覧ください:

 

弊社は、このような課題に対処することに関する深い経験を細胞および遺伝子治療(CGT)の各エンゲージメントにもたらしていますが、このエンゲージメントは、弊社のCGT臨床前/臨床開発および商品化における知識および経験ベースの中核であるサイネオス・ヘルスの細胞および遺伝子治療コンソーシアムによってサポートされています。

細胞および遺伝子治療の研究と患者様

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software